車BOOK

車の燃費を良くする方法

車の維持管理をしていく上でネックになるのが燃料代の高さです。最近では燃費のよい車が多いものの、毎日のように利用していると毎月の出費の大きな部分を占めるようになってしまいます。燃料代を少しでも抑えるためにも燃費の良い運転の仕方を身につけるのが良い方法と言えます。
基本的な考え方として、負担がかかる運転をするほど燃費が悪くなるということを覚えておくのが良い方法です。急発進や急加速、急ブレーキを行うと燃費が悪くなります。こういった負担のかかる運転をしないようにソフトタッチでアクセルやブレーキを扱うことが大切です。
一方、渋滞に遭遇したときのちょっとしたことでも燃費はよくなります。走ったり止まったりする渋滞ではアクセルを踏まずにクリープ現象だけで進むようにしたり、長く止まるときにはアイドリングストップをすると良いのです。
また、割とガソリンを消費するのが冷暖房です。エアコンを外気循環にするとそれだけ温度差のある空気を温めたり冷やしたりしなければならなくなります。内気循環とすると長期的に見るとかなりガソリンを節約することが可能です。
このように様々な視点から車に負担をかけない走行や配慮をすることでエネルギー消費を抑え、燃費を高めることができます。